顔脱毛と自己処理の肌に対するダメージ

顔の産毛が気になるという女性が増えています。
鼻の下にはヒゲのようなうっすらとした濃い毛が生えていたり、もみあげの部分が濃い等人によって悩みは様々です。

そこで手軽にムダ毛を処理できるカミソリで自己処理をします。
最初のうちはカミソリでも処理できますが、剃り続けていくうちに剃ったところが青々したり、肌が乾燥するなどのトラブルが起きてきます。
自己処理では皮膚の上に出ている毛しか処理できないので、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

ずっと繰り返さなければいけないので、肌へのダメージは積み重なっていきます。
その点、顔脱毛をすればムダ毛の処理は不要になります。
脱毛の施術は肌にダメージが強そうと感じる人もいますが、ダメージの弱い光が採用されていて、施術後には保湿などのケアをするので心配はいりません。

毛の生え変わりに合わせて何度か顔脱毛を行えば、その後は一切毛が生えてこなくなるので、自分で処理することもなくなります。
ダメージが強そうな脱毛ですが、自己処理と違って生涯にわたって施術するということはないので、実は肌にはやさしい施術であることが分かります。

顔の皮膚は他の部位より薄く、ダメージを受けやすいと言う特徴があります。
自己処理を続けていると、肌荒れを引き起こし、乾燥以外のトラブルにもつながります。
剃ることで毛の断面積が増えるので、毛が太くなったような見た目にもなってしまうので、どんどんムダ毛が気になるようになってしまいます。