乳液と保湿クリームの違いって何?美容液は何のため?

“スキンケアでは、化粧水と乳液、保湿クリームをつける方が多いです。
どれも必要なものと言われていますが、化粧水は水分補給ですよね。
乳液と保湿クリームの違いは?というと、イマイチ理解していない方が多いです。

乳液と保湿クリームの決定的な違いは、それぞれの成分の水分と油分のバランスの違いです。
乳液の方が水っぽく、保湿クリームの方がしっとりとするだけのことです。
ということは、乳液と保湿クリームは同じ働きをすると言ってもいいんです。
例えば、夏肌ケアは保湿クリームは使わない、冬だけにしている方も保湿的にOKです。
いずれも保湿のためのアイテムとされていますから、スキンケアとしては、必ず2つとも使わなくてはならないということはないのです。

使い心地やそれぞれの美容成分がほしいから、2つ使っていたほうが肌の調子が良いなどの自身の肌状態を見ながら調整してみてください。
しかし、化粧水は絶対に欠かすことができません。
水分は化粧水でなくては十分に補給できないことから、化粧水は必要です。

それと美容液の存在もありますが、これは保湿クリームとは別枠です。
保湿もされた肌の上に、上質のスキンケアをしたいために行うものですから、基本的なスキンケアには含まれないことが多いです。
たいていは、加齢ともに必要になるもので、高齢の方では昔ながらの馬油を付けてピカピカの肌になっている方もいます。
保湿クリームをもっと知りたい方は保湿クリームを選ぶ
ちなみに脂性肌、カサカサ肌ではない方が、馬油を使用してしまうと、大変なベタベタ状態になってしまいます!